2016年 4月 の投稿一覧

自分に対してだけはわがままに生きる

「自分に対してだけはわがままに生きる」それでいいと思います。 自分に対してだけはわがままでいいかなと思って生きてます。 基本、僕は会社という組織の中で生きていくことが苦手な社会不適合者なわけです。 しきたりとかものすごく苦手だし、お客さんなら全然いいんだけど、同じ組織の中でいちいち周りに気を遣ったりすることもあまり得意ではない。 そういうのが全然できないから、まぁうまく立ち回れない……

虚無感の解消法

虚無感はいつくるかわかりません...ほんと困るアレです。虚無感がどういう状態なのかをイメージすることで虚無感の解消につなげられます。 ・目次 1.虚無感がMAXに...何もやる気が起きないとき 2.虚無感とは脳の中でいやな空気が滞留している状態 3.とはいえ、虚無感を解消している間、時間を無駄にはできない 4.ということで虚無感を解消しながらでも仕事はできる 1.虚無感がMAXに..……

それは今やるべきことかどうか

そのメール、本当に今すぐに返信が必要? その電話、本当に今すぐに折り返しが必要? 今やるべきことかどうかを自分で判断する 1日の時間の使い方を細かいところまで意識していくと、今やらなくてもよいことを、あたかも今やるべきことであるかのようにやっていることに気づきます。 メールが来たからといってメールをその場で返す必要はないし、LINEも既読にしたから早く返さないといけないこともありません。Fa……

成功者と自分の間にある起業家精神という溝

ノウハウやスキルも大事ですが、意外とそういうものはすでに手にしているもの。成功する人とそうでない人の大きな違いに起業家精神があげられる。 先日読んだ本にこのような内容がありました。 「なんとしてもやる」という意欲のほうが、その方法を熟知していることよりもはるかに重要だ。 中略 今から30年ほど前のことだが、昨日のことのように鮮明に覚えている。当時私は、販売組織やクラブ、地域団体などに……

自分の可能性を信じ、どんなことがあっても自分だけは自分を応援してあげる

自分と接している時間が一番長いのは自分自身です。どんなことがあっても自分だけは自分を応援してあげること。そのためにはどうしたらいいか。 ・目次 1.他人の成功体験を知る 2.ただ、人は平等ではない 3.自分のことをよく知ること 4.自分の可能性を信じる準備ができたら思いっきり信じてあげる 5.まとめ 自分の可能性を信じられる人は強いですね〜。可能性を信じずに成功してる人なんているんで……

餅は餅屋とわかっていても人に任せられない理由とは。

餅は餅屋だとわかっていながらも人に任せられない人も多いのではないでしょうか。僕がそういう傾向にあるので、人に任せられない理由について考えてみました。 ・目次 1.プロに任せる 2.餅は餅屋。人に任せることのメリットは大きい 3.なぜ人に任せられないか?任せられないたった1つの理由 4.まとめ 1.プロに任せる 僕はカットは美容師さんにほぼお任せしています。 「横を刈り上げたい」とか……

利用価値を最大化するために

すき家の牛丼の歌の中に「すき」が何回入っているか気になる今日この頃。誰か数えた人いませんかね。 さて、僕はすき家をちょいちょい利用させていただくのですが、僕がすき家に入る大きな理由は、「時間の節約」です。 だから、すき家を有効活用するならなるべく早く店をでる、です。 たまにすき家(べつに吉野家でも松屋でもいいのですが)でゆっくりとしている人をみかけると、 「すき家を有効活用できていないな」……

戦わずして勝つということ

「ワニに襲われているときに、沼の水を抜くという本来の目的を思い出すのは難しい」という格言がある。確かに難しいが、これこそが起業家に必要とされていることなのである。 私が以前、浅はかにも買収してしまった企業の指揮を執っていたときのことだ。まったく問題だらけ、赤字だらけ、ぐちゃぐちゃで危機だらけの会社だった。ワニ、つまり目の前の問題との格闘はあったが、それでも私は毎日少なくとも1時間は本来の目的に……

ビジネスオーナー として課題認識できるか

自分のビジネスをよりよくしていこうと思ったら目の前に課題が山積みになっているのが手に取るように見えるはずです。そしてあなたがビジネスオーナーならその一つ一つを見過ごすわけにはいかないはずです。 目の前にある課題にたいして、それを自分がビジネスオーナーになったつもりで“何としてでも解決しなければならない問題”として捉えられるかどうか、これだけの違いが雲泥の差を生むと考えています。 例えば僕……

美徳や常識にとらわれない生き方

世の中により大きな価値を投じることができる人間になるために。 「常識」や「美徳」、あまりこういうことを意識しすぎると生産性のない人生になってしまい、世の中に投下できる価値の総量も少なくなってしまいます。 日本人は周りと同調することや、常識的に生きることで周囲との輪を保つようなところがあります。それが古き時代から継承されるものであればあるほど、常識の影響は強さをまし、私たちの生活の中に自然と……