独立

サラリーマンとしての生き方とフリーランスとしての生き方

これからフリーランスになろうと思っている人も少なくないと思います。 6年半のサラリーマン生活、半年間の無職生活、2年のフリーランス生活を経て現在にいたる僕の視点から、サラリーマン、フリーランスのそれぞれの生き方の違いなどについてまとめてみたいと思います。 人それぞれの環境があるので、一概にはいえませんが、一つの参考にしてもらえたらという感じですね。 1.生活全体の話 フリーランスは自己管理……

自由を求めてフリーランスになったが、孤独すぎることにジワジワ気づいてきた件

僕は会社員を辞めてフリーランスでやっていますが、このフリーランスっていうのが時たま、究極につまらない人生に感じることがあるわけです。 それは人と会わない日が続いたとき。 自分から会社辞めといて、その点だけは、ほんとに会社員が羨ましくなりますからね。笑 僕はPC1台あればできる仕事なので、基本的に人に会わなくたっていいわけで、まぁ結婚もしてないから一人暮らしだし、全然人に会わなかったり話さなか……

自分に対してだけはわがままに生きる

「自分に対してだけはわがままに生きる」それでいいと思います。 自分に対してだけはわがままでいいかなと思って生きてます。 基本、僕は会社という組織の中で生きていくことが苦手な社会不適合者なわけです。 しきたりとかものすごく苦手だし、お客さんなら全然いいんだけど、同じ組織の中でいちいち周りに気を遣ったりすることもあまり得意ではない。 そういうのが全然できないから、まぁうまく立ち回れない……

成功者と自分の間にある起業家精神という溝

ノウハウやスキルも大事ですが、意外とそういうものはすでに手にしているもの。成功する人とそうでない人の大きな違いに起業家精神があげられる。 先日読んだ本にこのような内容がありました。 「なんとしてもやる」という意欲のほうが、その方法を熟知していることよりもはるかに重要だ。 中略 今から30年ほど前のことだが、昨日のことのように鮮明に覚えている。当時私は、販売組織やクラブ、地域団体などに……

戦わずして勝つということ

「ワニに襲われているときに、沼の水を抜くという本来の目的を思い出すのは難しい」という格言がある。確かに難しいが、これこそが起業家に必要とされていることなのである。 私が以前、浅はかにも買収してしまった企業の指揮を執っていたときのことだ。まったく問題だらけ、赤字だらけ、ぐちゃぐちゃで危機だらけの会社だった。ワニ、つまり目の前の問題との格闘はあったが、それでも私は毎日少なくとも1時間は本来の目的に……

ビジネスオーナー として課題認識できるか

自分のビジネスをよりよくしていこうと思ったら目の前に課題が山積みになっているのが手に取るように見えるはずです。そしてあなたがビジネスオーナーならその一つ一つを見過ごすわけにはいかないはずです。 目の前にある課題にたいして、それを自分がビジネスオーナーになったつもりで“何としてでも解決しなければならない問題”として捉えられるかどうか、これだけの違いが雲泥の差を生むと考えています。 例えば僕……

相手が必要としている判断材料を的確に渡す

相手の目的に応じて、今相手に必要な情報はどんな情報なのかを常日頃から考え、相手目線で伝えてあげることで、無駄なすれ違いや取りこぼしがなくなると思います。 ・目次 1.機能説明だけでは買わない 2.相手の判断材料を考える 2-1 iPhoneのCM 3.普段のコミュニケーションから相手目線の伝え方に 4.まとめ 1.機能説明だけでは買わない いいアプリないかなと思って色々探していた……

フリーランスになって気づいたこと・変わったこと7つ

フリーランスになる前には想像もつかなかったような気づきや変化がありました。生き方に迷っている人へ、ご参考までに。 ・目次 1.社会の仕組みにより興味が湧いた 2.時間の使い方をより意識するようになった 3.可能性はいくらでもあると思えるようになった 4.実現願望が強くなった 5.仕事を自分の人生の一部だと思えるようになった 6.人のことを考えられるようになった 7.人と一緒にいることの重要性……

“職場”が存在する理由はなにか?働く場所は本当に固定されなければならないのか。

職場が存在する理由とはなんでしょうか。例えば自宅に仕事の設備やインフラが整っていたとしたら職場は必要でしょうか。 ・目次 1.福岡市が神戸市を抜いて人口第5位に 2.都市部に人口が集まる理由は? 3.住む場所が仕事に縛られる世の中はいずれ終わる 4.そもそもなぜ“職場”があるのか 5.まとめ 1.福岡市が神戸市を抜いて人口第5位に 久々に新幹線に乗って、実家のある福岡へ移動していま……

アポが取れる二つ折り名刺の作り方 – 興味・共感・メリットとセットで相手の記憶に残す

名刺制作なんかもしています。通常名刺はごく普通にいいねという評価ですが、二つ折り名刺はそこそこ好評価をいただいているので、少し偉そうなタイトルになりましたが、記事にを書いてみました。 ・目次 1.名刺の役割 2.シンプルな名刺は絶対に作らない 3.文字が多い名刺は読んでもらえないはウソ 4.名刺交換の挨拶と名刺はセットになる 5.二つ折り名刺には何を書くか? 5-1 表面 5-2 裏面 5-……