ホームページ制作会社の賢い選び方

制作会社の選定って本当に難しいですよね。
専門的なことなので知識がないと何をどう判断すればいいのかわからないこともあると思います。
それ故、相見積もりを取ったりすることはよくあるのですが、
相見積もりをとっても実際に出てくる金額にはかなり差があり余計に迷ってしまうことも多いですよね。

選定基準をしっかり持ち、金額に惑わされずによい判断ができることが望ましいですが、
選定基準の持ち方そのものがわからず、「どうやって選んだらいいの?」と聞かれることがあります。

ここでは選定する上で考慮しておきたいことを
選定基準という観点から3つのポイントとしてご紹介します。
ソーイ株式会社 田中亮行
ご案内するのは新宿にあるWeb制作・マーケティング会社
ソーイ株式会社の田中です。

相見積をとっても値段に驚くほど差が出るのはなぜか

シンプルに回答するとホームページはオーダーメイド品だからです。
「○○の条件で見積もってください」とある要件を決めていても、ホームページはそもそもオーダーメイド品です。
細かい仕様やどんなコンテンツを作っていくかは制作会社がクライアントへヒアリングした結果、各社異なります。

それからもう一つ、大きな原因となっているのは、ホームページはデザインも開発も技術料であることがあげられます。
プロダクト品のように仕入原価はなく、機械が作ってくれるわけでもありません。
各社がクオリティに見合った技術料を設定し金額が決まります。
カット料金が美容室によって全く異なるのと同じで、相場はありません。

弊社が100万で見積もっていたところ、他社が200万超えだったということもあったぐらいです。

制作会社のタイプ

制作会社は以下の3つに大別できます。
あなたの会社のホームページ制作に必要な制作会社のタイプを考えておきましょう。
スピード型
短納期で一定のクオリティのものを仕上げる制作会社。とにかく急ぎでホームページが必要な場合に需要があります。テンプレートを使用している制作会社は2〜3日で制作してしまうところもあったり。ものすごいスピードですね。
コスト重視型
低価格で一定のクオリティのものを仕上げる制作会社。低コストでしっかりとしたデザインを提供するところもありますが戦略的なホームページ制作になっているかどうかはまた別の話です。戦略的というのは簡単にいうと導線設計やブランド設計など、ホームページでどう成果を出すかが練られているかどうかです。
提案型
いかに売上げをあげるかを企画提案する制作会社。クライアントの本質的な課題を見極め解決策を具現化することを得意とします。コストはばらつきがありますが、スピード型・コスト重視型と比較すると高くなります。提案内容が制作費をペイして利益をしっかり出せるようなものになっているか見極める必要があります。
それでは選定のポイントを見ていきましょう。

ポイント1
ホームページの役割を明確にし、依頼する会社を絞り込む

制作会社ごとにそれぞれウリがあるので、
むやみやたらと見積りをとるよりは、どういった会社に提案をしてもらうかをまず決めましょう。

そのためには自社ホームページの役割をまず考えましょう。
ホームページが果たすべき役割が必ずあります
その役割を確実こなすことができるようなホームページを制作してもらう必要があります。
(あまり見かけないパターンですが)ただの看板でよければコストを重点的に見ておけばよいですし、
売上アップを考えるのであれば提案型の制作会社に依頼しなければなりません。

まずは役割を明確にし、どんなタイプの制作会社に依頼すべきかを決めましょう。

ポイント2
担当者を知る

会社としてどれだけ実績やノウハウがあっても担当者がそれを再現できなければ意味がありません
できればどんな人が担当してくれるのかは事前に知っておきたいところです。
クライアントの意見や要望に対して積極的に検討をする姿勢をもっている担当者は最後までやりきってくれるのではないでしょうか。
技術職なだけに、誰が作るかはかなり重要です。
実際にWeb黎明期から20年以上やっている大きな制作会社に依頼した結果、
かなり雑な作りで対応も不誠実だったというケースを見たことがあります。
*下手に大きな会社に値引き交渉するよりは、技術力のある小さな会社にしっかりお金を払ったほうがよいケースも多くあります。

ポイント3
提案内容をみる

制作会社があなたの会社にあったWeb戦略を打ち立ててくれているのかを見極めましょう。
もっとも、提案重視型に依頼することが前提になってしまいますが。

重要なのはあなたの会社が抱えている悩みやリニューアルの背景・目的を理解した上で、あくまでもあなたの会社の規模感から解決できる提案をしてくれているかどうかです。
あなたの会社の規模感というのは、Web戦略に割けるリソースがどれくらいあるかを指します。
時間的リソース、資金的リソース、人的リソースなどが該当するでしょう。

よいWeb戦略も中途半端にしか実行できなければ意味がありません。
できたらいいなではなく、実際にできるという再現性のある戦略の提案、いわば絵空事ではない提案をしてくれるかを見るべきです。

Webを制作・運用する上で心得ておきたいこと

3つのポイントを説明しましたが、ホームページは戦略的に作られていなければなりませんし、それを再現できる制作会社、もっというとそういう提案意欲のある担当者がついてくれるかどうかを見極めたいところです。

そして制作会社の担当者はとりあえずデザインを提案するのではなく、まず戦略を提案し、それに基づいてデザインをしなければなりません。

その上で、公開後にしっかりと運用がされていなければいけません。

しかし、そのような戦略的な制作がされていなかったり、公開後に放置されてしまっているホームページもたくさんみかけます。
これは制作側にもクライアント側にも色々課題があります。

Web戦略を立てる上で必要な情報(社内方針や業界の最新情報)は常にクライアントが持っています。
制作会社がそれを引き出し戦略を立てるのは当然のことですが、常駐でもしていない限り制作会社が常にクライアントやクライアントの業界のことを把握し、最適なタイミングでWeb戦略を提案をするのは難しいです。

変化に迅速かつ柔軟に対応するためには、クライアント側である程度自主的にWeb戦略を立てられるようになり、現場からより積極的な議論ができるようになることが必要です

私たちはそのような考えから、弊社のオリジナルメソッドを詰め込んだ「成果を出すための戦略的なホームページ制作メソッド」を無料で配布しています。
ぜひこのメソッドを読んでいただき、Web戦略を自主的に検討できるようになり、業界やターゲットの変化に迅速かつ柔軟に対応できるようにしてください。また、そうなることで、制作会社ともより生産的な議論ができるようになり、Webを通してさらなる成果を望めるようになります。
小さな会社の経営者が知っておきたい
成果を出すための戦略的なホームページ制作メソッド
ビジネスの最前線に立つ経営者が知っておきたい、ホームページで成果を出すためのノウハウをまとめた全32ページの無料コンテンツ!
■目次
  • Chapter1:
    穴埋め式!成果を出すホームページに必要なターゲット設定
  • Chapter2:
    集客するための田中式コンテンツ制作メソッド
  • Chapter3:
    田中式メソッドの応用編!コンバージョンするための具体的なコンテンツ作り
  • Chapter4:
    成果を出すための適切なKGI・KPIの設定・運用方法
制作に関する無料相談フォーム
Web制作についてのご相談はこちらからお願いします。
真剣に制作をお考えの方に無料でご提案いたします。まずはお気軽にメールでご相談ください。
* しつこい営業は一切しておりません。
* メールだけでのご相談でも構いません。(ご面会はご希望に応じて承ります)
会社名
お名前
ふりがな
HPのURL
メールアドレス
検討内容
制作の背景
認識している課題・要望
その他、ご相談