新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作

Webサイト制作で失敗しないWeb企画の考え方

Webサイトをつくる目的は何だろうか?
最終的には売上をあげるためだろう。
 
では売上力のあるWebサイトというのはどういうものだろうか。
 
 

1.売上力のあるWebサイトとは

弊社が公開している「Web戦略作成講座 : 第一章」から一部抜粋するが、下図の通り、認知力とコンテンツの訴求力があるものが売上力のあるWebサイトといえる。
 
st_1_0_1
 
つまりただ単に看板をつくるぐらいの気持ちでWebサイトを作っても失敗するということだ。今や8割以上の企業がWebサイト(ホームページ)を持っている。単純に看板を作っただけで売上があがるなどということはまずありえない。
 
認知されなくては意味がないし、コンテンツの訴求力が競合他社に負けていれば、問合わせはこない。
 
どうやって認知力を高めていくのか、どうやって訴求力のあるコンテンツを作るのか、そのためのWeb企画の考え方について説明したい。
 
 

2.認知力と訴求力のあるWeb企画の考え方

 

2−1.認知力

認知力を高める方法は広告やSNSがあるが、さらにその中でも様々な手段やツールに細分化される。
それらにそれぞれ特性があるので、あなたの会社とマッチしたものを選定する必要がある。あなたの会社のターゲット像を明確にすることでどんなSNSが効果的なのかがわかってくるし、あなたの会社のWeb運用体制によっても、どういうコンテンツの配信方法がマッチしているか変わってくる
 
例えばオウンドメディアは継続的に質の高いものをリリースし続ければ集客力の高いツールとしてかなり有望だが、そもそも質の高いものを継続的に運用していく(しかも成果が出るまでに時間を要する)だけの体制を維持できなければ、着手すべきものではない。
 
他の記事でも何度も書いているのだが、自社の規模感とマッチしていない戦略を計画しても結局継続できなくなるから意味がない。制作会社としてはクライアントの規模感にあった戦略を提案すべきだろう。
規模感というのは、Web戦略に割けるリソースがどれくらいあるかということだ。
 
ターゲットを明確にしてどういうツールを使えば認知されやすいのか、それは自社の規模感で運用できるものなのかをよく検討しよう。
 
 

2−2.コンテンツの訴求力

コンテンツの訴求力は、ターゲットの購買意欲をいかに刺激できるコンテンツになっているかどうかで左右される。そのために重要なのは、ターゲットがあなたの会社を認知してから、購買に至るまでの間で、どのような行動をとるのか、どのような心理的状況があるのかを想定した上で、コンテンツを制作することだ。
 
購入前に競合他社と比較するだろうし、信用できる企業か調べるだろう。どんなコンテンツがあればターゲットに安心してもらいながら魅力を感じてもらえるかを考えよう。
 
以下のようなコンテンツがあることによってターゲットはあなたの会社の商品・サービスについて深く理解し、安心して購買活動を進めることができるのではないだろうか。
 

・企業として信頼してもらうためのコンテンツ
・商品・サービスの効果をロジカルに実証するコンテンツ
・商品・サービスの実績を紹介するコンテンツ
・競合他社を圧倒する魅力を訴求するコンテンツ

 
 
 

3.企画力のある制作会社を選定する

制作会社を選定する際には、企画力を見極めることをおすすめしたい。
小見出しに「企画力のある制作会社」と書いたが、もっというと「企画力のある担当者」がついてくれるかを見極めていただきたい。
 
企業としてのノウハウや実績がそのまま担当者の実力ではないからだ。意欲的な担当者であれば企業のノウハウを吸収して提案に活かすことができるだろうが、そうでない担当者がいることも事実だ。
 
 
それから先述しているが、あくまでもあなたの会社の規模感の中で課題解決のための提案をしてくれる制作会社を選定しよう。
 
 
 

4.まとめ

Webサイト制作で失敗しないためにも、企画は疎かにしてはならない。
納期やコストの問題で企画にリソースを割くこと敬遠するケースも見られるが、得策とはいえない。納期がどうしても譲れないのであれば、企画に時間を確保した上で、トップページとサブページ数枚だけ公開しておいて、残りは部分的に公開していくなども検討すべきだろう。
コスト面においては、企画を削る以外でコストをさげるためにはどうしたらよいか制作会社と相談するのがよいだろう。