新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作

Webサイト公開前にチェックしておきたい9つの重要チェック事項

公開前にWebサイトに問題がないかしっかりとチェックしなければならない。
制作会社側がチェックするのは当然だが、クライアント側でも入念なチェックをした上で公開に踏み切りたいところだ。
 
 
以下にWebサイトの公開時にチェックしておきたい9つの項目を整理したので参考にしていただきたい。
 
 

1.検索結果表示

検索結果にどのように表示されるか、事前に確認しておこう。
検索結果の表示は、ユーザーが検索結果一覧を見たときにどれをクリックするか判断する材料となる重要な要素だ。すべてのページでチェックするのは大変だが、トップページの表示とサブページの場合はどういうルールで表示されるかを確認しておくとよい。
制作会社に確認をすれば教えてくれるだろう。
 
 

2.SEO対策キーワード、タイトルタグ、h1タグ等の設定

制作会社はどういうキーワードで検索にひっかかるようにするのかを考え、ソースコードを組んでいる。
このあたりのテクニックは多岐に渡るのでクライアント側でチェックしきるのは難しいが、代表的な以下3つについてチェックされたい。
チェック方法は後述する。
 
【キーワード設定】
キーワード設定はどんなキーワードで検索にひっかかるようにするかを設定する
(ここに記述したからといってそのキーワードで検索にひっかかるわけではない。あくまでも対策の一部ということを理解していただきたい。キーワードは3〜5個程度で少なめに。)
 
【タイトルタグ設定】
Webサイトのタイトルを設定する項目だ。検索結果に反映され、SEO対策においてもかなり重要なので必ずチェックしておきたい。
 
【h1タグ設定】
たまにh1タグがまったくないWebサイトをみかける。制作している立場としては信じられないが、h1タグはそのページが何について記述しているか検索ロボットに伝える重要な項目なので各ページに1つずつ設定しておこう。
 
ではどうチェックするのか?
まずはChromeでWebサイトを開こう。
*ここではChromeを使った場合のチェック方法を書いておく。
 
Webサイト上にマウスポインターをあわせて右クリックをすると以下のような画面が出現し、「検証」が選択できるようになる。
ee
 
クリックするとこのような画面が開く。
source
 
ソースコードが書かれた画面上でショートカットキーで検索ボックスを開く。
 

 
検索ボックスに以下の通り調べたいワードを入れて検索を実行する。
 
【キーワード設定】・・・keywords
key
【タイトル】・・・title
title
【h1タグ】・・・h1
h1
 
設定漏れがないか、設定が妥当かどうか確認しておこう。
 
 

3.各デバイス・ブラウザでのチェック

PC、スマホ、タブレットでチェックしておこう。
ただブラウザやOSは複数あるので、すべての実機テストは難しいかもしれない。制作会社でも旧スマホなどを含むとすべてのバージョンやOSで実機テストができるわけではない。どこまでのデバイスに対応するのかは予め確認しておこう。
 
 

4.noindexのチェック

noindexタグが入っていると検索にひっかからない。
開発段階ではnoindexをした上でパスワード保護をしていることがほとんどだが、公開時点ではnoindexを必ず外す必要がある。制作会社としては絶対に忘れてはいけない作業だが、人がやる作業なので、念のため確認しておこう。
チェックの仕方は「2.SEO対策キーワード、タイトルタグ、h1タグ等の設定」で書いた内容と同じ方法でソースコードをチェックする。
検索ボックスにnoindexと入れて下図のように検索されたらnoindexを外してもらうように制作会社に連絡しよう。
noindex
 
 

5.お問合わせフォームが正常に動いているか

お問合わせフォームが正常に動いているかは絶対にチェックしておこう。自動返信メール設定がある場合はそちらの方もチェックしておきたい。
また入力必須事項がある場合はそれが必須項目として機能しているかも含めてチェックされたい。資料ダウンロードなども同じだ、必ずチェックしておこう。
また、公開後だけではなく、何かバージョンアップしたときやフォーム周りの設定をいじった際には、必ずチェックしよう。
 
 

6.リンク切れがないか

リンク切れがないか全体を舐め回すようにチェックしよう。ユーザビリティに影響する上に、リンク切れはgoogleから良い評価はされない。
 
 

7.404ページがあるか

404ページとは、指定したURLが存在しなかった場合に表示されるページだ。
 
 
 

8.要件を満たしているか

当然のことながら、企画時点で合意した要件を満たしてるかどうかはチェックしておかなければならない。この時点で「追加で○○を… 」というケースもあるのだが、内容によっては簡単に見えることも(制作してあとで対応することが)重たい対応になることもあるので、なるべく企画の時点で共有するか、遅くても中間報告時点で制作会社に相談しておこう。
 
もちろん、完成間近になって気づくこともあるから致し方がないこともあるのだが…。
 
 

9.解析ツールが入っているか

Googleアナリティクスは導入されているだろうか?
今後の運用で解析ツールは必要なので、Googleアナリティクスなどの解説ツールをいれておこう。
 
 

まとめ

以上、公開前のチェック項目を整理した。
チェックするときは予め時間を確保して心に余裕をもってチェックすることをおすすめする。余裕がない中で面倒に感じながらチェックをすると漏れが出る可能性が高まる。公開まであと少し、最後の詰めとして慎重にチェックしよう。