新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作

Web担当者目線で動いてくれる制作会社を見つけよう

少人数の企業だと社内で1人でWeb担当をしているということも多い。そして当の本人は実はWebに関してはそう詳しくないというようなことがよくある。
 
企業方針で「Webを強化しよう」という話はよく聞くが、一方でWeb担当者があまりWebに詳しくない場合、社内に何をどう提案し、決裁を得たらよいか分からないというようなこともあるし、社内であがる様々な要求に対して的確かつスピーディーに対応して仕事を進めていくのは中々難しい。しかしそれがWeb担当者の仕事であろう。
 
そういった時に有効な手段はやはりWebに詳しい見方をつけることだ。それはつまり、Web担当者目線で動いてくれるWeb制作会社を味方につけるということだ。
 
Web制作会社にとって、クライアントのWeb担当者がスムーズに社内で決裁を取り、業務を遂行することは、そのまま制作会社のメリットになる。だから制作会社の優秀な担当は、常にクライントのWeb担当者が仕事をやりやすい環境のサポートをすることに徹する
 
もちろん本質的には企業にどう貢献できるかを考えているが、細かいところでいつもWeb担当者の味方になってくれるだろう。
 
例えば、資料制作一つにしても、担当者が会社内で説明しやすいような資料を作ってくれるだろう。優秀な人は資料がクライアントのWeb担当者に渡った後、どのように社内をめぐるかを考えた上で、制作している。見積りについてもクライアントのWeb担当者が上司に色々突っ込まれても説明できるよう、詳しく説明をしてくれるだろう。
 
クライアントのWeb担当者としては、納品後にそのWebがどれだけ効果的なものになったのかは一番気になるところだ。なぜなら「自分が見つけてきた制作会社」で作ったものがどれだけしっかり成果を出しているのかは、その担当者の株をあげることにも下げることにもなるだろう
 
優秀な制作会社のスタッフはそのことをよくわかっているから、担当者の顔に泥を塗らないように常に担当者目線でものごとを考えてくれる。弊社もそういったことを制作理念にもっている。
 
制作会社の選定においては、コストや技術、実績など様々な選定要素があるが、社内業務をスムーズにするためのサポートをしてくれるかどうかというのも一考に値するだろう。
 
それは制作会社というよりは担当者レベルで変わってくることもあるので、どんな人が担当してくれるのかも事前に知っておきたいところだ。