新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作

初心者でもわかるワードプレスで作られたホームページの更新方法

まずワードプレスが何かについてだが、これは以前記事で書いた通りだ。こちらの記事を参照していただきたい。

WordPressとは何か


 
本記事はワードプレスで作られたホームページが、どのようにして更新できるのかをイメージしてもらうために書いたものだ。ワードプレス初心者の方が、ワードプレスの導入を検討するにあたり、より深くワードプレスを理解してもらえれば幸いだ
 
なお、ワードプレスの更新作業といっても制作会社の管理画面の作り込み方によって異なる(といってもそんなにイメージは変わらないので安心していただきたい)。ここで紹介している具体的な例は弊社で制作した場合のイメージだ。それでも、ワードプレスがどんなものであるのか、CMSとは一体なんなのかを理解し、ワードプレスにおけるホームページ更新作業を具体的にイメージするには十分だろう。
 
 

1.ワードプレスはCMSと呼ばれるものである

まず初めに、ワードプレスとはCMSである。CMSというのは、コンテンツ・マネージメント・システムの略称であり、そのままシーエムエスと読む。CMSは平たくいうとホームページに公開されているコンテンツを管理画面から更新できるということだ。また、管理画面からコンテンツを増やすこともできる。
 
例えば商品ページの商品説明文を変更する場合、本来はhtmlファイルというホームページを表示しているファイルを更新しなければならないが、CMSであれば商品説明文を管理画面から更新できる。
 
図説すると、下の図①の画面を更新する際に、②のようなhtmlファイルを修正するのか、③のようなCMSによる管理画面から更新するのかの違いだ。③であれば誰でも更新できるだろう。
 
 


ただ、ワードプレスの管理画面にログインしてホームページのコンテンツを更新するには、権限が付与されている必要がある。
 
 

2.ワードプレスはユーザーの管理ができ、権限によって更新できる範囲が異なる

下図のようなユーザー管理画面があり、ユーザーごとに権限を割り振ることができる。

権限は
購読者 / 寄稿者 / 投稿者 / 編集者 / 管理者
の5つがあり、購読者権限が一番権限が狭く、管理者が最上位だ。編集者権限以上があればホームページの各ページのコンテンツまで更新することができる。(先述した「③CMSで管理画面から更新」の画像のように更新用の画面を開くことができる)
 
ここは制作会社が設定してくれるので、詳しくは触れないがマスターの権限を制作会社からもらっていれば、自社でアカウントを増やすことが可能であり、例えば誰がどのブログを執筆したのか管理できるようになるし、コンテンツの更新履歴に、誰がどこを更新作業したのかも表示されるようになる
 
 

3.基本的な更新方法

それではワードプレスの基本的な更新方法をご紹介しよう。
 

3−1.ブログの更新方法

ブログの更新方法については、こちらの記事に3分ほどで読める内容としてまとめてあるので確認していただきたい。

WordPress(ワードプレス)のブログ投稿機能ってどんなの?


 
 

3−2.各ページのコンテンツの更新方法

ワードプレスの管理画面に固定ページと書かれたメニューがあるので、そこをクリックしよう。固定ページとは、各ページのコンテンツである。

更新したい項目をクリックすると下図のようなエディタ画面が開く。

ここから更新をしよう。もし誤って更新しても焦ることはない。ワードプレスにはリビジョンという機能があり、過去の更新履歴一覧と復元機能があるのだ。

復元したいリビジョンをクリックすると下図のような画面に切り替わり、現状と過去の内容を比較できる。

 
ブログの投稿および、固定ページはデフォルトで組み込まれている機能だが、ワードプレスはこれらをさらにカスタマイズしてよりクライアントの要望にあった管理画面にしていくことができる。最後にこれらのカスタマイズ事例を紹介しよう。
 
 

4.管理画面のカスタマイズ事例

掲載実績を自社管理するケース

ホームページ上で掲載実績を自社管理し、実績が増えたら都度社内で更新していきたいという要望はよくある。固定ページをカスタマイズすることによってかなり簡単に更新することができる。
これについては以下の記事に書いてあるので確認いただきたい。この記事もざっと3分ほどで読める内容になっている。

WordPress(ワードプレス)で掲載実績を自社管理しよう


 
この事例では、掲載実績の自社管理を取り上げたが、スタッフ情報の更新やギャラリーの更新などももちろん可能で、ワードプレスはホームページのコンテンツを簡単に自社管理下におくことができる。
 
 

5.まとめ

ワードプレスで作られたホームページは非常に多くなってきたが、ワードプレス初心者にとってはそのメリットや使用イメージがいまいちわからないのが現状だろう。
この記事で少しでもワードプレスの使用イメージがわかっていただけたなら幸いだ。