新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作

WixとWordPressどちらを使うべきか

まずはなぜホームページを作るのかを考えよう

今は無料のホームページ制作ツールでも優秀な機能をもったものがたくさんある。代表的なものとしては、WixとWordPressだろう。この記事はホームページ制作の技術はないが、制作会社を使う予算もない方向けに書いている。
 
まず大前提としてホームページをただの看板ではなく、しっかり集客していくための商業的なものにするのであれば、やはり制作会社に依頼するのがよい。
 
WixやWordPressのテンプレートを使えば、自前でも見た目かっこいいサイトを作ることはできるが、どれだけかっこいいサイトを作ったところで、それだけでは多くの場合において何の役にも立たない。それはそこに戦略が伴っていないからだ。
では商業的なホームページにおいて、WixやWordPressで自前で用意することにはなんの意味もないのかというと、そういうわけでもない。
 
業態によっては、集客からクロージングまでの流れをリアルの場で行う場合がある。ただ社名検索された場合にホームページも何もないのは信頼性に欠けるということでホームページ制作を検討するケースがある。それにしても戦略なホームページを作ることがベストであることに変わりないが、予算とのバランスでとりあえず体裁の整ったものがあれば今は良い、という場合などはWixやWordPressでとりあえず良さげなテンプレートを使ってホームページを作るのもありだろう。
 
また、ある程度SEOについて勉強した上で、ブログを書いてアクセスを集めるだけ集めておきたい場合にもとりあえず自前で制作するのはありだろう(SEOに強いサイト構造など考えるとベストは制作会社なのはもちろんだが)。
 
要するにあなたのビジネスの中において「ホームページの役割は何か」ということである。検索したときに企業名がしっかり検索結果に表示され、それなりのコンテンツがそろっていることや、とりあえずちょっとでもアクセスを稼ぐだけ稼ぐことが重要なのであれば、そして予算もないのであれば、とりあえず自前で作るのはありだろう。
 
お問合わせを増やすため、ブランディングのため、などの理由であれば制作会社に依頼する予算を確保しよう。
 
無料で作れるからという理由だけでWixやWordPressを使うこともオススメしない。しっかりとホームページの役割と予算のバランスを考えた上でこういった無料ツールをご活用いただきたい。
 
 
前フリが長くなったが、では実際にWixとWordPressはどちらがいいのだろうか。
それぞれのメリット・デメリットを見ていこう。
 
 

Wixは直感的にホームページが制作できる

Wixは誰でも簡単に直感的にホームページが制作できる。編集などのUI(使い勝手)も優れている。
下図はWixのホームページ更新画面の一例だ。実際の画面を見ながらダイレクトに編集ができるのが魅力的だ。「ここを編集するためにはどこをいじったらいいのだろうか」という迷いが少なくなる。また、編集のアイコンも見やすくストレスがない。ページの追加やメニューの管理も非常に簡単にできるのだ。
Wixはこのダイレクトに編集できる管理画面のおかげでホームページの更新が誰でも簡単にできるところが最大の魅力だろう。

とはいえ、込み入ったことをやるにはかなり使い慣れていないと、難しいだろう。基本的には自分のイメージにあったテンプレートをそのまま使うぐらいの気持ちでやるのが、こういう無料ツールの価値(手間ひまかけずサッと作れる)を最大限活用できるのだろう。
 
 

Wixはサーバーの契約が不要、WordPressはサーバー契約とインストールが必要(作業は超簡単)

ホームページは、ホームページを表示するためのファイルをサーバーにおき、そこにアクセスすることでブラウザ(PC画面)に表示される。つまりサーバーの契約が必要なのだが、WixはもともとWixが用意しているサーバーにファイルを設置する方式なので、サーバーの契約は不要だ。
 
また、Wixを使う目的からしても、大きなサイトはWixでは作らないだろうからほぼほぼ検討に値しないが、サーバーの転送量(データの通信料)には限界があるので、アクセスが大きなものが大きなファイルをダウンロードするなどの転送量に余裕が必要なものは向いていない。
 
WordPressはというと基本的にサーバー契約をして利用するのが一般的だ。基本的にというのは、WordPressには、wordpress.orgとwordpress.comの2種類があり、wordpress.orgはwordpressのパッケージを自分のサーバーにインストールして使う方法、wordpress.comはwixのようにwordpressのサーバーの中で使う方法だ。ただ本記事では前者のwordpress.orgについて書いていきたい。(世の中にあるwordpressに対する記事のほとんどはwordpress.orgについてだ。wordpress.orgを使うことのメリットの方が大きい。)
 
そんなWordPressだが、サーバー契約は至って簡単だ。さくらインターネットやXサーバー、ロリポップなどが有名どころだ。ちなみにWordPressのインストール方法は簡単。これらのサーバーにはWordPressの簡単インストール機能がついていて、サーバーの管理画面から説明書なしでラクラクインストールできる。筆者も初めてWordPressをサーバーにインストールしたときのことを覚えているがものの5分で設定できた記憶がある。
 
 

ブログ機能はWordPressの方が優れている

Wixのブログの機能よりもWordPressの方が機能が多く優れているだろう。ただ、普通に記事を書くのであればWixでも十分だと考えられる。
 
しかし、問題なのはWixにはエクスポート機能がないことだ。WordPressにはエクスポート機能があり、ブログデータを外部に移行できるようになっているが、Wixにはそれがないので、つまり頑張って書き溜めたブログをあとでWixから他のサービスに移行しようと思っても一つ一つの記事を手作業でコピペで移行するしかない。SEO対策を兼ねてブログを書き溜めていくなら、Wixはやめておいた方が良いだろう(将来的に予算に余裕ができてしっかりしたものを制作会社に制作依頼しても、ブログは移行できない…これまでに集めたアクセスはなくなる)
 
 

WordPressでできることは非常に多い

全世界の25%以上のWebサイトがWordPressでできている。そのこともあって、プラグイン(拡張機能)の豊富さは素晴らしい。「こんなことできないかな?」ということが大抵はできてしまうのだ。
 
ただし、プラグインは素人でも使えるものから、技術者でなければ使えないようなものまで幅は広い。それでも嬉しいのは、WordPressでよく使われている便利なプラグインは、インターネットで検索をすれば使い方が細かく紹介された記事がすぐに見つかる。
 
そう、WordPressは困ったことがあってもすぐに解決策がネット上で見つかる。
また、技術がないから自分で機能拡張ができなかったとしても、ある程度予算がついたところで、技術者に簡単に機能拡張してもらったりリニューアルしてもらうことができる。WordPressは最もポピュラーなホームページ制作ツールであり、それを使いこなせる技術者は圧倒的に多い
 
 

結局あなたはWixかWordPressかどちらのタイプだろうか

それぞれメリット・デメリットがある。
では結局どちらを使うべきかを整理したいが、その前に冒頭でも軽く述べたが、大前提をもう一度。
 
知識のない方がWixやWordPressで自前でホームページを制作する場合、綺麗なホームページは作れても戦略的なホームページを作るのは難しいだろう。
それでも自前でホームページを作る意味は、ホームページがあること自体に意味があるか、ブログでとりあえずアクセスを集める場合に限る
 
その先のコンバージョン率(お問合わせ率や資料請求率などの目標達成率)などを求めるのであれば、Web戦略が必要であり、それは制作会社に相談されるのがよいだろう。
 
以上の大前提を踏まえて、以下にWixとWordPressどちらがよいかを至ってシンプルに整理したので参考にしていただきたい。
 
 

Wixを使った方がいいケース

とにかくサクっと簡単に綺麗でホームページを作り、編集・更新作業も簡単も極力簡単に行いたい場合。
ホームページをダイレクトに編集できる管理画面設計であるため、直感的な作業で誰でも簡単にホームページを編集・更新できるのが魅力的だ。
ブログでアクセスを集めたい方はやめておいた方が良い(将来的にWixを辞める際にブログの移行ができない)
 
 

WordPressを使った方がいいケース

ブログを書いてアクセスを集めて行きたい人向け。将来的にサーバー移行や別のWordPressを立ち上げた際にもデータを移行できる。
Wixより難しさを感じるかもしれないが、少し作業を覚えればこちらも簡単に編集・更新はできる。また、機能の拡張性に非常に優れている。
 
 
 
 
いかがだろうか、あなたのビジネスにおけるホームページの役割を明確にした上でベストな手段を選ぼう。