新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作

検索順位を自動収集してくれるRankGuru SEOの使い方と機能(Mac向け)

RankGuru SEOとは

RankGuru SEOを使えば毎日指定のWebサイトで設定したキーワードの検索順位を自動で測定できる。日々の順位変動も見ることができてとても便利だ。
 
まずは実際の画面を見ていただきたい。

このような形でWebサイトに対して設定したキーワードごとに順位を測定して出してくれる。
早速、具体的な機能を見ていこう。
 
 

1.Webサイトとキーワードの登録数は無制限

 
Webサイトもキーワードも無制限に登録できる。
登録方法も簡単で、下図の管理画面からサクサクと追加していくことができる。
また、キーワード数が多い場合は、CSVファイルも利用できるので、100個ぐらいのキーワードを一括登録することができる。

 
 

2.順位の変動を見ることができる

下図のように、1週間分の順位を比較することができる。
グラフ化はできないが、順位変動は簡単に見ることができるのは嬉しい。

測定していれば1年前のデータも記憶しているので、比較することができる。
(下図はキャプチャを貼り合わせている。アプリ内で比較画面は表示されない。)

 
 

3.データ取得頻度を設定できる

管理画面からデータの取得頻度を簡単に変更できる。

更新頻度は
1時間,3時間,9時間,12時間,24時間、しない
から選択できる。
手動での更新も可能なので、手動で更新する場合は「しない」を選択しよう。
 
キーワードの検索はトップ100件〜1000件までの間で100単位で設定できる。
ここは100件で十分だろう。
 
 

4.メニューバーのステータスメニューからワンクリックで簡単に開ける

Macはメニューバーの左側にアイコンが並んだステータスメニューがあるが、RankGuru SEOをインストールするとこのステータスメニューにRankGuru SEOのアイコンが表示される。
それをクリックするだけでRankGuru SEOが開く。


 
 
 

5.Macを立ち上げると自動的にアプリが起動する

上図で「起動」にチェックをいれている場合、Macの立ち上げと同時にアプリが起動する。
ただ、チェックの有無に関わらず、パソコンを立ち上げない日はデータが取得できない。また、データ取得にはもちろんインターネットに繋がっていることが必要である。
 
 
 

画像認証がたまに出る

シンプルで使いやすい機能だが、注意点として画像認証で測定が中断されることがある。
画像認証は悪意のあるプログラムによる自動的なアクセスを防ぐもので、同じIPから異常な回数のアクセスがあると作動することがある。
どのくらいの頻度で画像認証が作動するかはキーワードの設定数も関係していると考えられるが、参考までに筆者は100個ぐらいのキーワードを測定しているが、1週間に1〜2回画像認証が出る程度である。
 
 

導入費用

840円(2017年6月28日現在)でインストールするとずっと使える。
appストアで購入できる。
https://itunes.apple.com/jp/app/rankguru-seo/id662946309
この手のアプリは月額課金が多いので、かなり良心的である。
 
 

まとめ

費用も一度きり、機能としては問題なし、かなり簡単に使うことができるので、一度使ってみてはいかがだろうか。