新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作
ランディングページ制作
コンバージョン設定
ランディングページを広告で運用する場合、広告をクリックして流入したユーザーに離脱されると履歴を辿るかまた広告が表示されるまでユーザーが戻ってくる手段がありません。ですので、その場でコンバージョンしてもらえる訴求のクオリティと問い合わせや申込みのハードルの低さが重要です。
  • コンバージョン戦略

    コンバージョンさせるハードルがどうしたら下がるのか戦略を練っていきます。サービスの根本的な部分に関して、聞いてみないとわからないことが多すぎると敬遠されますが、逆に細い仕様やオプション費用など、あまり細かく掲載しすぎるのもやめておいた方が良いものです。少しぐらい問い合わせて聞いてみようと思う要素を残すのも戦略で、そこから電話のやり取りや面会を通じて深い関係を築くことも考えます。

  • コンバージョンの指標

    本命の商材にいきなり申し込みをしてもらうより、フロント商品をコンバージョンとしたり、まずはセミナーをコンバージョンとするなど、一番効率の良いコンバージョンを検討して決めます。申し込みと問い合わせのフォームをそれぞれ作って2つをコンバージョンとすることももちろん考えられます。