新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作

広告を使う必要性について考える

あなたの会社は広告を使っているだろうか?
広告といっても多岐に渡るのだが、ここでは一般的な概念としてネット広告の必要性について考える。
 
ネット広告(以下、広告)が必要なのは自社で集客が完結できないからである。その部分を補完するために広告費を支払い、広告を運用しているのではないだろうか。
 
しかし当然のことながら、広告を使わずユーザーにアプローチし、顧客化できればベストだ。そしてその方法として近年ではインバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングといった手法が主流になってきた。
 
インバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングについては「WEBマーケティングの変遷と本質」でも書いたので一部転載する。
 

インバウンドマーケティングというのは企業が広告などでダイレクトにユーザーに訴求するのではなく、ユーザーの能動的な活動によって、ユーザーが企業の商品やサービスにたどり着くように設計されたマーケティング手法だ。例えばSEO対策などによって企業が運営するブログメディアにユーザーが集まったり、SNSでフォローしてもらい企業のファンを作ったりすることがあげられる。

 

コンテンツマーケティングというのは、企業の商品やサービスを売り込むためのコンテンツではなく、あくまでもユーザー目線で良質なコンテンツ(ユーザーの役に立つブログや動画など)を発信することで、自然と顧客を作っていく手法である。ユーザーはそのコンテンツに触れていく中で、そのコンテンツを発信している企業の商品やサービスに除々に触れていき、その価値を売り込まれることなく認知していく。

 
 
インバウンドマーケティングにしろ、コンテンツマーケティングにしろ、集客ができるようになるまではそれなりの時間がかかる。良質なコンテンツを量産すること自体とても労力と時間がかかるものであるし、SEO対策(特定のキーワードで検索順位を上げる対策)をしてから効果が出るまでにも時間がかかる。
 
そのため、インバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングとして効果が出てくるまでは広告を頼って集客をし、除々に広告の度合いを少なくしていく方法が理想的だ。
 
ただ、コンテンツマーケティングに関しては、SEOの知識がある程度あり、根気よく続けられる運用体制であればいいのだが、現実は中々そうもいかない企業も多い
 
そして、あまり読まれないブログがただただ更新され続けているということも少なくない。そのような場合は、ずっと広告支出は変わらない。
 
広告を使わない集客をするためには、インバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングを企画するだけではなく、適切な運用体制を整え、取り組むことが重要である。
 
であるから、どこまでやれば成果が出るのか、ロードマップを作成することからまず考えてみるとよい。そうしたときに、あなたの会社の人的リソースと時間的リソースでは到底無理なことかもしれない。そうしたら外部に依頼するための資金的リソースについて検討しなければならないし、それでも無理な場合は、もう少しミニマムなところから始めていけるようにロードマップを作成し直さなければならない。
 
しかし、いずれにせよ、利益率を上げることを考えるのであれば、広告からの集客にずっと頼るわけにもいかないだろう。うまくインバウンドマーケティングとコンテンツマーケティングを取り入れることができれば、広告支出を除々に減らし、最低限のリソースで集客できるようになる。
 
これはどの企業も目指すべきところではないだろうか。