新宿のWeb制作会社|ソーイ
ホームページ制作/マーケティング
EC・サービスサイト制作
ホームページ制作
ヒアリング
お客様にとってのコーポレートサイトの最適な役割を導き出し、戦略を検討するためのヒアリングです。ヒアリングは今後のコーポレートサイト制作に重要な影響を与えるフェーズです。比較的ありがちな表面的な内容だけをヒアリングをして終わることはしません。
  • 現状の課題と目的共有

    まずはWebサイト制作の背景や目的をお聞かせください。業界や市場の変化による新たな課題に対応すべくWebサイト制作を検討されている方もいれば、現状のWebサイトがうまく機能していないことによる全面見直しを検討されている方など、状況は様々です。

    単純にデザインが古くなったから、というご相談も多いのですが、ざっくりした課題でも弊社との打ち合わせを通してより本質的な課題が明確になる企業が多いですので、一緒に話しながら掘り下げていくこともできます。

  • 企業のブランドコンセプト理解

    コーポレートサイトのデザインコンセプト設計には、ブランドコンセプトへの理解が必須です。ブランドはあらゆる媒体(パンフレットやWebなど)において統一されているべきであり、コーポレートサイトはその中心となる存在です。

    ブランドを象徴する具体的なものや、参考となるホームページや何かの画像や写真などを確認しながら、すり合わせをしていきます。 なお、ブランドガイドラインをお持ちであればご準備ください。

  • ターゲット

    ターゲットを明確にイメージしながら、コーポレートサイトの利用シーンを想定していくと見えてくることはたくさんあります。サービスの内容によっては電話を掛けてくるユーザーが多く、問合せフォームはほとんど使われなかったり、トレンドのデザインを採用することで逆にユーザーにとってはお高くとまっているように見えて敬遠されたりするケースもあります。

    「ターゲット=◯◯」と言葉だけで表すとざっくりとしたものになりがちですが、利用シーンを想定することでターゲットのより具体的な輪郭が見えてきます。

  • 現在の施策と成果の確認

    現在取っている施策と成果があればそれを共有していただきます。すでにPDCAを回した結果があるお客様は、そこから次の戦略のヒントが得られるのでより精度の高い戦略策定へと繋げていくことができます。

  • 将来の展望に対してヒアリング

    将来の展望に対して(企業全体の施策として)ロードマップを引いている場合、共有いただければコーポレートサイトの運用についてご提案することもできます。必要であればコーポレートサイトのみの運用提案に留まらず、(弊社サービスでなくとも)他のサービスと組み合わせてご提案することもできます。あくまでもお客様にとって必要なものが何かを優先して考える企業でありたいと考えています。